妊産婦医療福祉費支給制度(妊産婦マル福)

[概要]

妊産婦さんが健康保険を使って病院など(※)にかかったときの医療費の一部を助成します。助成を受けるには、医療機関を受診する際に、健康保険証と併せて医療福祉費受給者証を提示して下さい。
外来では医療機関ごとに1日600円(月2回まで)、入院では医療機関ごとに1日300円(月3000円まで)の自己負担があります。
※原則、産科・婦人科を診療科目に掲げている医療機関でのみ有効となります。また、産婦人科以外の診察等の検査・診断・治療を要する場合は、産婦人科担当医から事前に紹介状(医療情報提供)がある場合を対象とします。

[支給内容]

健康保険を使って受診した場合の、医療機関で支払う自己負担額の一部を助成します。ただし、入院時の食事代や医療保険適用外分は助成の対象外です。また、所得制限があります。
申請のあった月の初めから出産の翌月末日までが対象期間となります。

[対象者]

次の要件をすべて満たす方
1 健康保険に加入していること
2 龍ケ崎市に住民登録があること
3 母子健康手帳の交付を受けていること

[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

妊娠届出日(母子健康手帳交付日)からご出産前まで

[手続きなど詳しくは]

「妊産婦のマル福(医療福祉費支給制度)について(龍ケ崎市サイト)」をご覧ください。

妊産婦のマル福(医療福祉費支給制度)について(龍ケ崎市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく