本サイトは平成30年6月30日に終了いたします。(詳しくはこちら)

出産育児一時金

[概要]

国民健康保険に加入している方が出産したときは、その世帯主の方からの申請により、出産育児一時金が支給されます。出産に要した費用は、原則として市から医療機関へ費用(最大42万円)を直接支払いますので、出産時に多額の現金を用意しなくても済みます。
※直接支払未対応の医療機関等で出産した場合や、出産に要した費用が支給額を下回った場合は、出産された後、申請をいただくことにより、出産育児一時金の金額または差額の支給を受けることができます。

[支給内容]

出生児1人につき42万円
(産科医療補償制度対象外の場合は40万4000円)

[対象者]

国民健康保険の加入者(被保険者)で出産した方のいる世帯の世帯主
※妊娠85日以上での出産であれば、流産や死産も支給対象となります。
※他の健康保険から出産育児一時金を受けられる方は、国民健康保険からは支給しません。

[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

直接支払制度や受取代理制度を利用しない場合は、出産した日の翌日から2年以内
●直接払制度を利用するには、医療機関等で所定の申請が必要となります。
●現金による支給を受ける場合は、出産後に市への申請が必要となります。

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく